書き下ろし長篇 2012年
「諸刃の燕・もろはのつばめ(集英社文庫) 単行本 \750(税別)
忠臣なのに刃向かう、強いのに弱い、信じているのに疑う……そんな若き天才剣士の物語。

流れ剣客の祖父に育てられた隼四郎は、元服後、実の父と対面し、大名家の重臣の子となる。
多感な若侍は、良き家臣となるため、「滅私奉公ごっこ」なるものを始めたが……。

彼が巻き起こす波乱と、正義への戦いを描いた青春時代長篇。




書き下ろし長篇 2013年
「女忍隊の罠 おばちゃんくノ一 小笑組(php文芸文庫) 単行本 \590(税別)
「おばちゃんくノ一」第二弾。

剣術一流、話術修行中、そしてとことん女に弱い。
そんな柳生新陰流の若き剣士、勇馬と、おしゃべり忍者・小笑組の仲間たちが、江戸を揺るがす謀略に挑む。

柳生屋敷の暴れ少年「七郎ちゃん」も登場。
そして、絶世の美女、"江戸の小蘭"と勇馬の関係は……。


笑いあり、涙あり、剣戟ありの書き下ろし時代小説!



  



書き下ろし長篇 2012年
おばちゃんくノ一 小笑組(php文芸文庫) 単行本 \590(税別)
時は江戸初期、徳川二代将軍秀忠の治世──。

上方で繰り広げられる「徳川」対「太閤派」の広報合戦。
おばちゃんくノ一と呼ばれる女忍者・小笑の下で働く「おしゃべりな忍者組」は、花街を巣として噂話を操り、瓦版を売りさばく。
そこへ女好きの若き忍者、勇馬が送り込まれてくる。
彼は柳生新陰流の遣い手であり、やがて小笑組は剣を交えた戦いへと足を踏み入れてゆく。
悪事も平気の敵達に押された苦しい展開の中、勇馬の活躍から、事態は思わぬ方向へ……。


  



柳生新陰流の教えを活かした実用本 2009年
新陰流 サムライ仕事術(マガジンハウス) 単行本 \1500(税別)

現代のワーキングガールと、新陰流に詳しい江戸っ子の会話を軸に、日常や仕事にまつわる様々な悩み、問題点などを解体。新たな視点で物事をみるきっかけを提供する。
 
毎節、新陰流の伝書を短く引用し、解説。柳生石舟斎、宗矩や十兵衛が書いたナマの文章に接することもできる。

 我武者羅に戦い、ただ強かったというイメージもあるサムライだが、本書はその印象を大きく覆し、彼らの柔らかい思考と、重層的な戦略を明らかにすることだろう。


  



初のノンフィクション単著 2008年
「自分を生かす古武術の心得」(集英社新書) \700(税別)
甲野善紀氏、推薦!
「本書は武術が本来、工夫の集積であることをよく示している」

手裏剣術との出会いにはじまり、稽古時の心理や身体感覚を詳細に綴ったノンフィクション。
指南法についても考え、型、軸、重心など武術でよく耳にする言葉について、分かりやすく掘り下げている。

自分の心身をほぐす手かがりや、古武術健康法など、稽古と日常での気づきを幅広くまとめた新書本。

  



書き下ろし長編 2006年単行本
「柳生平定記・やぎゅうへいていき」(集英社) 単行本 \1,995(税込み)

三十歳となった十兵衛が、ついに柳生流新陰流兵法による諸国完全平定をめざす。柳生流が試合を禁じた訳、無刀取りの謎、そして門下に対して抱いた願いとは──。

短杖一本を手に、浪人達に挑む「無刀行脚」の日々で、十兵衛は「切らず、とらず、勝たず、負けざる」という柳生流、至極の境地を事理一体で表現。

兵法指南者としての姿から、武芸探求者としての覚悟、更には将軍家光の忠臣としての胸中まで、十兵衛の心身の表裏を描いた書き下ろし長篇第八作。
  



書き下ろし長編 2006年
「柳生双剣士・やぎゅうそうけんし」(講談社) 単行本 \1,700(税別)

十兵衛vs十兵衛、柳生新陰流対柳生新陰流。その裏にあるものは──。

 西国大名、鍋島家から異例の依頼があり、若き隠密十兵衛が動き出した。そして、二人の十兵衛は、柳生宗矩の密命と新陰流の宿命により翻弄されてゆく。
待ちの刀法「三学」を使うか、攻めの刀法「九箇」でいくか──思案の末、攻防の場では一瞬の囚われが勝負を分けた……。 
柳生新陰流の実技研究を続ける著者が、よりリアルな剣の稽古風景や他流との関係性を描いた、テクニカルな娯楽長篇。
  



書き下ろし長編 2005年
「月下妙剣・げっかみょうけん」(講談社) 単行本 \1,800(税別)
デビュー作『双眼』以来、五年半ぶりに柳生十兵衛が登場!
将軍家光と弟忠長の天下争いで、十兵衛と、その愛弟子であり早駆けの名手である少年が活躍。
伊賀忍者直伝の走法修行を経て、小野派一刀流と目される老剣士との出会いがあり、また敵の忍びとの激しい裏の戦いがあり──。

剣士としてのみでなく、新たに、剣の師としての十兵衛にも光を当てた作品。
柳生新陰流と走法の理を、これまでになく詳細に描き、「稽古とは何か」「平和の剣とはいかなるものか」に迫った、渾身の長編物語。
  



「不滅の侍伝説『子連れ狼』」(体育とスポーツ出版社) 単行本 \1,500 (税別) 2004年
侍というのは実に「魔物」ですよ──小池一夫。

侍には、常に「心身に宿る美意識」がありますね──多田容子。

27年ぶりに復活した名作「子連れ狼」の原作等で知られる劇画界の大御所・小池一夫氏と、世代を超えて語り合った対談本。
今、世界が日本のサムライに注目する中、侍を描き続ける両者が、そのキャラクターや生き様について、また時代劇や剣術などについて、様々に話を展開。

居合の名手である小池氏は貴重な愛刀を、多田容子は柳生新陰流の袋竹刀を携えて対談に臨んだ。
  



書き下ろし長編 2004年 ★2013年電子書籍化
「甘水岩・あまみいわ」(PHP研究所) 単行本 \1,600 (税別)
修羅の巷に生きる現代人の魂を揺るがす物語。
聖地「甘水岩」をめぐる抗争で、縦横無尽に活躍する忍者・伊真(いま)。
その一族に伝わる秘技は「においの術」。そして伊真には、恐ろしい過去が……。

彼の前に現れた謎の巫女は、伊真を色の虜にし、戦いへと導くが、正体は見えない。
秘術を尽くした戦いの行方は?巫女の狙いは?

スピード感あふれる文体で、人間の心の中の修羅を描き上げ、 驚くべき結末へと読者を導く、時代小説の新境地。



「武術の創造力──技と術理から道具まで」(PHP研究所) 2003年単行本
 甲野善紀・多田容子著 単行本 \1,500 (税別)

「武の世界」とは、こんなに奥深かったのか!
日本人とは、こんなにすごかったのか!

「スランプになったことがない」という武術家・甲野善紀氏の豊かな発想と、独特の感覚に基づいた知識の数々、過去の武人や刀匠の多彩なエピソード等が満載。

また、時代劇、時代小説についての話や作家・多田容子の本音など、自由な切り口で語り合ったユニークな対談本。



書き下ろし長編 2001年単行本 2006年文庫改題「女剣士・一子相伝の影」
「秘剣の黙示・ひけんのもくし」(講談社) 単行本 \1,800 (税別)

  町娘のおれんにとって、兄の起こした事件が激動の始まりだった──。

由緒ある兵法、如月流は、すべてが口伝の秘剣。
しかし、里井家の御家騒動をきっかけに、流儀の存続が危ぶまれる。

如月流の奥義をめぐり、人々は苦悩し、争い、崩れてゆく。
その中 で、この剣が秘めた真の声を聞く者は誰か……。

兵法の理と心の理を一体として描いたチャンバラ小説。



書き下ろし長編 2001年単行本 
「やみとり屋」(講談社) 単行本 \1,700 (税別)

 江戸、五代将軍綱吉の時代──。
犬公方の世に、春之介と万七郎の話術・言部流(ことべりゅう)が冴える。

生類憐れみ令を犯して鳥を食する「やみとり屋」には、出世、仇討ち、世直しなど、様々な志や企みを持つ者達が集う。そんな隠れ宿で、しゃべり、笑い、戦う人々を、会話主体の作品展開と主人公の独白で綴る娯楽小説。

ダウンタウンのトークや作品、松本人志氏の著作などを参考にした異色作である。



書き下ろし長編 2000年
「柳影・やなぎかげ」(講談社) 単行本 \1,700 (税別)

 られん香の柳次は、手裏剣の名手であり、春をひさぐ売れっ子陰間(かげま)。

退廃と爛熟の江戸は、神隠し事件に揺れ、その探索に当たる名門旗本、長逆槍九郎(ながさかやりくろう)は、陰間茶屋の茉屋(まつや)を訪れる……。

艶、欲、罪、情、そして、美──事件の裏で、密かな色を放つ間者(かんじゃ)達の心とは……。
色里と武家を舞台に、男女の影が織り成す物語。



書き下ろし長編 1999年
「双眼・そうがん」
(講談社) 単行本 \1,800 (税別)

 兵法者(へいほうしゃ)、柳生十兵衛は、将軍家光の密命を受け、西国へ旅立った。
薩摩からの刺客を薙ぎ倒し、異国貿易に絡む意外な事件に立ち向かう……。

将軍家兵法師範である父の存在、幼い頃に失った右目──それらを通して、光と闇を得た十兵衛の双眼は、生と死、栄達と没落といった対立する二つの世界を鋭く見据えた。

そんな剣士の活躍と才能を、内面に踏み込んで描いた著者デビュー作。