「タダ☆マガ」はしばらく休止いたします。
あしからず、ご了承ください。


最新情報がなかなか更新できておりません。
あしからずご了承ください。



                ●連載情報
2014.1.17より web集英社文庫にて『金四郎と九十郎』連載

町奉行の遠山金四郎と、養子に出た弟の堀田九十郎、二人が江戸の町に起こる事件を解決してゆく。
九十郎は十八の麗しい若侍で、能の名手。
正義感の強い豪快な金四郎と、おっとりして上品な九十郎の名コンビが活躍する。


第7回 侍サロン 2014.10.19 

テーマ: 武術と芸

第一部 講話
 (約30分)

侍にまつわる多田容子のお話タイム。毎回、ひとつのテーマを軸に講義形式でお届けします。武術から学んだ理、心の持ちよう、健康法、時代小説や時代劇の話なども取り入れていく予定です。
今回のテーマは、「武術と芸」。侍たちは文武両道にとどまらず、様々な芸道にも通じていました。書画の創作、工芸、茶道、和歌などの文芸、能楽等の身体芸術……。もちろん、武術の型そのものにも芸術性があります。それらについて考えながら、「諸芸は相通ず」という日本的な感覚についてお話します。


第二部 エクササイズ・タイム(約60分)

日本古来の身体の使い方を体験。
希望者には、柳生新陰流の型をもとにした「武の舞い」にチャレンジしていただきます。


第三部 フリートーク
(約90分)

今回のテーマを中心に、集まった皆さんで自由に話す時間です。
諸芸や侍の美学について、楽しく意見を交わしましょう。

日時: 2014年10月19日(日)午後2:30〜5:30
参加費:5000円/無料メールマガジン「タダ☆マガ」会員:3800円 
定員:10名程度
主催・案内役: 多田容子
お問合わせ・お申込み: メールをお送りくださいw-staff@pc.nifty.jp
「タダ☆マガ」に入会ご希望の方は、その旨、メールにお書き添えください。

場所: 芦屋 スタジオ504
【住所】芦屋市宮塚町1-8 宮塚ハイツ504
【地図】http://www.ryu-ryu.com/studio/504/
場所をご提供いただいているだけですので、スタジオへのお問合わせはご遠慮ください。
道順などは、お申込みくださった方に詳しくお知らせいたします。

当日、エクササイズに参加される方は、動きやすい服装でお越しください。
激しい運動や格闘などは行ないません。女性も歓迎です。

「古武術お話の会」改め、「侍サロン」の主旨については、コチラをご覧ください。


★おかげさまで、すでに終了いたしました。




『甘水岩 修羅の忍び・伊真』(PHP文庫)が、電子書籍になりました。
      AmazonのKindleほか、多数の会社で配信中。




2013.6.2
§多田容子のお話会@西宮 英会話教室「ジェッツアカデミー」§  

テーマ:『世界一の平和国家、江戸を築いた侍たちに学ぶ』

西洋化して約150年、日本人はアイデンティティーや独自の能力、感性を失ったかのように見え、自信をなくす人が増えています。

しかし、日本人は、ほんの数代前の江戸時代に、ヨーロッパ人も驚嘆したほどの、平和で文化的な社会を築いていました。しかも、そのベースは1600年代にすでに確立され、260余年もの歴史をもつのです。
そんな江戸社会を築いた侍たちの高潔な知恵に学べば、強くて平和でエコな国ニッポンの真の姿が見えてきます。それは、現代の日本人にも充分、理解でき、相通じる感覚も少なくありません。

今、外国人がその英知に注目し、新しい世界をつくるヒントにしたいと考えているようです。
多田容子が敬愛する英会話教室「ジェッツアカデミー」代表の伊藤ゆり先生とともに、江戸の知恵を通して現代社会を考え、これからの国際人の有り方について語り合います。

日時:2013年6月2日(日)14:00〜16:00
場所:ジェッツアカデミー (阪急西宮北口駅・北西口より1分)
  http://www.jetsacademy.org/map.html
定員:20名程度
参加費:一般:4000円/会員:2500円(「タダ☆マガ」会員およびジェッツアカデミー会員)
お問合わせ・お申込み:メールをお送りください→ w-staff@pc.nifty.jp


★おかげさまで、無事終了しました




              仕事に新しい境地を!
              2012年11月25日(日)
          〜ビジネスパーソン向けセミナー〜
            新陰流 サムライ仕事術 

いくらがんばっても、うまくいかない原因は?
競争しないで、何を目標に?
武器がなくても戦えるのが柳生新陰流 
              ──『新陰流 サムライ仕事術』多田容子著 目次より

乱世の価値観を覆し、新しい思想で江戸の平和国家を創造した柳生の兵法に学びます。
柳生十兵衛の父、宗矩(むねのり)は、剣豪にして政治家、三代将軍家光の教育係まで務めた江戸初期の巨人。 大和の山中に育った一剣術使いが、幕府大目付にまで昇り、国を治めるに至った戦略とは?
兵法者ならではのユニークな侍教育法についてもご紹介する予定です。

日時:2012年11月25日(日)14:10〜15:50(100分) 14:00開場
定員:20名
参加費:5000円 
【読者割引】特別料金:3000円
  (割引対象:『新陰流 サムライ仕事術』(マガジンハウス)を持参された方)
講師:多田容子
主催:OFFICE TADA
お問合わせ・お申込み: メールをお送りくださいw-staff@pc.nifty.jp
参考図書:『新陰流 サムライ仕事術』(マガジンハウス)多田容子著
場所:HDC神戸(ハウジングデザインセンター神戸)5階 スタジオC
  JR神戸駅下車すぐ 高速神戸駅から徒歩4分
  【地図】http://www.hdckobe.gr.jp/abouthdc/access.html
           *おかげさまで無事、終了しました





         第1回侍サロンの模様──2012.5.6

今回のテーマであるナンバについて、じっくりお話しました。
ついつい身ぶり手ぶりがつき、結局は立って動き出す場面も。


エクササイズタイム。まずは皆さんで立禅を。
手足のみでなく、体幹部の感覚についてもご説明しました。




ナンバ歩きをおひとりおひとり実践。
気づいたことをご指摘したり、少しコツをお話すると、
皆さん格段にスムーズな歩き方になられました。

ご参加の皆さま方、ありがとうございました。




            〜人の性格の違いを知る〜      
            「エニアグラムお話の会」第10回

 自分の性格はなかなか分からないもの。他人の様子はよく見えるが、内心どんな動機や気持ちで動いているのかは、計りしれない。
 そんな謎の一部に、深い納得感を与えてくれるのが、エニアグラムによる性格分析だ。自分や周りの人を新しい目で見ると、人間関係や毎日の生活が変わる。それは、10余年にわたりエニアグラムを独自の方法で研究してきた主催者が身をもって感じることだ。
 このお話の会では、エニアグラムの9つの性格タイプについて簡単にご説明した後、集まった人それぞれのタイプを考えていきながら、自由な会話を展開。そして、話し方やもののとらえ方の違いを味わい、人の性格の多様性に迫る。
エニアグラムは奥深いものの、楽しいお話の会という趣旨ですので、初めての方もお気軽にご参加ください。

日時: 2012年6月24日(日) 
  午後3時〜5時30分 
*昨年までとは開始時間が異なります。 
参加費: 3000円
定員: 2〜6名
主催・案内役: 多田容子
場所: 兵庫県尼崎市
 (
阪急塚口駅から徒歩2分。お申込みいただいた方に詳細をお知らせいたします)
お問合わせ・お申込み:
メールをお送りくださいw-staff@pc.nifty.jp
参考図書: 「9つの性格」PHP文庫(鈴木秀子著)
  (事前にお読みいただくと分かりやすいですが、予備知識なしでもご参加いただけます)

エニアグラムについて──歴史や各タイプの名称など、概要はコチラ

●おかげさまで無事、終了いたしました。


第五回エニアグラムお話の会の模様──2011.9.19

和気藹々とした楽しい会になりました。ご参加の皆さま、ありがとうございました。
人の性格について語り合うと、話題は尽きません。笑いが起こることもしばしば。



 
お一人お一人にお話をうかがってタイプを特定していったり、ご質問を受け付けたりします。

エニアグラムの概要図を見ながら、熱心にメモをとられる方も。

              
  写真(C)OFFICE TADA

*「エニアグラムお話の会」は、2012年でいったん終了いたしました。



第五回古武術お話の会の模様──2011.10.16

熱心な皆さまに囲まれて、楽しい一時でした。
異種武術の方同士が情報交換したり、柳生について深めたり、
武術と人の性格の関連を考えるなど、話は多岐にわたりました。



今回はスペースがあり、実際に袋竹刀を執って柳生新陰流についてご説明しました。
身体感覚はどれも密接にかかわっているため、動きはじめると話が派生し、
ますますテーマは広がります。


手裏剣の打ち方についても、簡単にお話しました。
なぜ左足を出して打つのが主流かなど、ご質問も多数出ました。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。
なお、「古武術お話の会」は、「侍サロン」という形に変わりました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

                                        写真(C)OFFICE TADA